Feeling good HOME

住友林業BFでマイホームを建てました。家づくりの記録と、暮らしだしてからの記録。

キッチン、決めました!

本日は、我が家のキッチン仕様について。

※悩んだ際に参考にした価格などは、最後にまとめて記載しまーす。

 

キッチンは本当に悩みました。

初めからトクラス(旧ヤマハ)にすることは決めていたのですが、どんなタイプにするかですよね~・・・・、悩んだのは!

 

まず、トクラスに決めたのは「人工大理石のキッチンにしたかった」から。

 

実家もいまのアパートも、ステンレス天板なんです。ついでに言うと、母の実家も父の実家も(笑)。そのおかげで人大への憧れがありまして、人大ならトクラスでしょってあっさり決定。

 

そしてどんなタイプにするかで悩んだわけなのです。

 

モデルハウスでは、標準のキッチン+クレスト(チェスターフィット)のキッチンカウンターといったキッチンになってまして、いつもの営業Mさんの「これが標準です」に騙されましてね…。

 

仕様の話を始めるまで、クレストのカウンターが標準なんだと思ってました(・_・;)

ほんと、Mさんの「これ標準です」にはやられまくってます。

 

他に私みたいな勘違いしちゃってる人いるのかわかりませんが、言っておくよ!

 

トクラスのキッチンは壁付が標準だよ!

キッチン本体を標準のまま対面にすると、少し立ち上がりのある壁を造作してくれるだけだよ!対面の収納は標準ではないよ!

(下図参照)

 

f:id:kocchi130:20180609142950j:plain

 

 

そんな中、悩みに悩んで決めたのはコチラ↓

ステップ対面収納タイプです!

 

f:id:kocchi130:20180609142947j:plain

▲住林カタログより

 

上の比較図にあるクレストのキッチンカウンター(チェスターフィット)と迷って、結局はこちらに。

なぜかというと、以下の2つが主な理由。

 


①クレストのものは対面収納の奥行が狭いが、トクラスのは広かった

当初検討していたクレストのカウンターは奥行256タイプでしたが、有効奥行がとても狭かったのです。

 

対面収納をリビング収納として活用するつもりでいたのですが、カタログを見ていて有効奥行が20cm足らずではA4のファイルすら入れられないと気づきました!

 

奥行361タイプにすればいいのでしょうが、256タイプでも高いと感じたのにさらに大きくしたらもっと高くなる・・・と考えました。

ためしに対面収納タイプの額を聞いたところ、256タイプのカウンターをつけるのとあまり差がない!!それなのに有効奥行は30cmあるのです。

 

②ハンガーレールが付属する

上のカタログ画像にもありますが、ステップ対面にすると各種ハンガーレールが付属なのです。これはなかなか魅力的!!

いつも掃除しにくくてイヤな気分になっていたまな板立てがいらないのはうれしい。

 

幸いにも、ショールームに実物があったのでイメージもつかめたし、不安なく決定できました。

 

f:id:kocchi130:20180609142944j:plain

▲これはトクラスHPから。住林のトクラスキッチンは、ベリーというラインのようです(たぶん)。

 


シンクは四角いH2タイプにしました。

丸っこいG2も可愛いのですが、実用性で行けばH2かなーと。

 

設備は、IHヒーターと換気扇(レンジフードっていうらしい)は標準。

 

食洗機は贅沢してパナソニックの深型(ディープタイプ)のものに。

皆さんのレビューを拝読していると、浅型のものでは全然入らないって言われている方が多いし、ここは働く主婦の為にお金かけていただきました!

 

f:id:kocchi130:20180609142941j:plain

 

この深型の食洗機は住林の設定にはないそうで、お願いすると「特注」という扱いになるようです。

標準だとある程度の値引きがあると思うのですが、この特注になると値引き額がガクっと減ると思われます。(予想)

 

あとは、水栓ですね。

これは夫の希望で、LIXILのタッチレス水栓「ナビッシュB5タイプ」を施主支給します。

 

f:id:kocchi130:20180609142938j:plain


浄水器は標準(メイスイ)のものをつける予定なので不要。

 

エコセンサー付のものとの違いを比べると、普段からキッチンでお湯を使うことがほとんどない我が家では、その機能すら不要と判断。

吐水口までシルバーのもの(A5タイプ)もありますが、そこまでこだわりがないので安い方で。

 

 

キッチン本体でいうとこんなもんでしょうか。

 

水栓は最後まで悩みましたが、夫が希望していたので。

思いがけず水が出てきたりしても、イラっとしないように気を付けなければ。

 

では、最後に私が聞いた各設備額など。

※キッチン本体はトクラスの場合です

※標準以外はこの価格に諸経費(12%)が加算されます


・標準キッチン本体→434,540円

・ステップ対面収納付キッチン本体(標準扉)→699,300円

・ステップ対面収納付キッチン本体(標準扉、食洗機パナソニック深型)→764,250円

・標準水栓→29,590円

・タッチレス水栓(SF-N451SX-SR)→64,020円

 ※私が施主支給するB5タイプと同じものです

・標準IHヒーター→66,060円

・クレスト対面カウンター(天板:人大)→220,130円

 

 

ではでは。今日はこれにて。