住友緑化「庭木の無料点検」がありました。

我が家の庭は住友緑化さんに施工してもらいました。もちろん、植栽も。
今年の初めごろ、その緑化さんからこんなハガキが届きました。

f:id:kocchi130:20160628220420j:plain

庭木の無料点検をしてくれるというのです!
今回はこの、庭木無料点検について書いてみようと思います。

 

連絡待ち

今まで樹木の手入れなどしたことがないし、病害虫についても知識が無い私たちなので、この機会にしっかり見てもらえるなんて嬉しいことです。
しかも病害虫の予防剤散布or施肥までしてもらえるとは、なんとも素晴らしいサービス!

ちなみに、この点検のときには例のタイワンタケクマバチの話をし、支柱の竹を撤去してもらうつもりでいました。

詳細は過去エントリーをご覧ください。

未知の生物と遭遇@我が家の庭!その一部始終を書くよ。我が家の庭には、カツラ、コハウチワカエデ、シマトネリコの3種の樹木が植えてあります。 まだ7月末に植樹を行ったばかりなので、根付く前に...

という事情もあり、ワクワクしながら連絡を待っていたのです。

が。

ハガキに書かれていた、連絡が来るはずの目安期間は2月下旬~4月。しかしもうすでに6月に突入。。。

えー、どうなってるのよ緑化さん~~( ̄□ ̄;)

ちょっと不安になりつつ、それでも連絡を待つことにしました。

 

結局コチラから連絡

なかなかこない連絡を待っていた6月の初め、なんとまたアイツが現れたのです。
アイツですよ、アイツ!

タ イ ワ ン タ ケ ク マ バ チ !

f:id:kocchi130:20160508014724j:plain

▲画像はお借りしています。

仕事から帰った私の目に飛び込んできたのは、カツラの支柱の竹にくっついて、新しく巣を作ろうと穴を開けだしていたクマバチ!カリカリカリカリ音を立てて、一心不乱に作業中でした(・・;)

これを見てしまった私。

以前は、子育てが終わるまではと共生を覚悟しましたが、また新たに巣作りを始められては困るってもんです。庭中にブンブン大きな蜂が飛び回るのは思ったよりも恐怖心があったし・・・。

もうだめだ!と思い、急いで緑化さんに問い合せ、点検の依頼をしました。

厳密には、まだ無料点検の連絡ないけどどうなってますか?と確認。その後、地域の担当造園会社から連絡があり、改めて点検日を設定した といった流れでした。

なんでも、登録してある夫の携帯に連絡しているはずだと母体の緑化の窓口は言うのです。しかし、夫曰くそれっぽい着信はないし、あったとしても留守電ははいっていなかったとのこと。

でもさ、もしも本当に連絡してきているのであれば、留守電ぐらいは残すべきだと思うんですよね・・・。

今の時代、登録していない電話番号(固定・携帯問わず)には出ない人って多いと思うし(私もどちらかというとそっち派。事前に電話があるはずとわかっていれば、あの約束の人かもって思って出ますけど、そうでない場合はスルーが多いです)、そうなった場合、次回は出てもらうorコールバックもらうことを想定し、怪しいものではないことを表明すべきなのになぁ。

これって客商売にとっては普通の事では?教育がなってないな~、なんて思ってしまった次第。

まあその辺はさておき、やっと造園会社から連絡があったわけです。
担当者曰く、「順番に廻っている」「対応件数が多く遅れている」とのこと。

とはいえ、ちゃんと点検してもらいたいし、クマバチのこともあるしで、こちらの希望日(といっても土日であることを指定しただけ))を伝えました。

ですが、予定を組んでまた連絡しますと言われて終了。なんだかな~。

 

突然の来訪連絡

その週末の事。土曜の朝に突然の連絡。
「本日のお昼頃行ってもいいですか?」とのこと。

どうやら、クマバチの話もしておいたので、薬の散布または施肥を行うにしても、ひとまず現状確認をしたいということらしい。

なーんだ、まだその段階か。

と思いつつ、担当会社なりに精一杯の対応をしてくれようとしたのかなと理解し、オッケーの返事をしました。(その日は友人家族が遊びに来ることになっていて在宅予定だったのです)

 

やってくれたこと

  1. 庭木の様子を観察
  2. クマバチの巣穴に蜂用殺虫剤を注入

 

話したこと

  • 庭木の生育状態はどうか?
    ⇒問題ない。
  • 施肥は必要ないのか?
    ⇒今はその時期じゃないから、やらないほうがいい。春になる前頃~秋、冬が望ましい。
  • 防虫剤は散布するか?
    ⇒今のところ虫はいなさそうだから、必要ない。
  • 支柱はどうする?
    ⇒枝が広がりすぎるのを防ぐため、まだつけておいた方がいい。蜂は殺虫したが竹は交換可能なので、また交換作業を行うようにする。

こんな感じです。

 

思った事

結局、施肥も防虫剤散布もなしでいいとの返答。

施肥はさあ、ちゃんとハガキ通りに春前に来てたらできたことなんじゃないのか??
と、モヤモヤしながら聞いてましたけど・・・。

最終的には、点検表みたいなのを書かれました。
内容は

  • 蜂の巣穴に薬を散布した
  • 竹を交換するので、後日連絡をし実施日を決定

といった感じ。
その日はこれで終了。ああ、モヤモヤするわー。。。

 

その後

点検が終了して2週間が経過しましたが、「後日連絡をして実施日を決定」は行われていません。。。

なんだこれ、どうなってんだよー。

担当造園会社が忙しそうでかわいそうなので1か月経過までは待ってみるけど、それでも連絡がなかったら、また緑化の窓口に電話するつもりでいます。

その際は、上記の「施肥はさあ、ちゃんとハガキ通りに春前に来てたらできたことなんじゃないのか??」をぶつけてみるつもり。
やるよって言ってることやってくれないってありえないじゃん!

とまあ一連の対応を夫に話したのだけど、私たちの結論としては

「結局さ、ウチみたいに大した施工・植樹をしていない家にはこの程度の扱いなんだよきっと。もっとお金かけた家には丁寧な対応してるんじゃないのかな」

という結果に落ち着きました。

家を建てるまで様々な住林オーナーブログを見てきたけれど、緑化さんの対応については不満のある方が多かった印象。私としても、不満を持つ対応となりました(施工~今現在を通して)。

我が家の場合は諸々の事情で緑化さんを選ばざるを得なかったけれど、もしも自由に業者を選んでお願いできるのであれば、恐らく他を選んでいたかな。

緑化さんの対応に満足している方のブログを見ると、相当しっかりしたお庭造りされているお宅が多いんですよね。やぱり世の中金か!という結論に落ち着いても致し方ないと思って頂きたい次第です。

なにはともあれ、庭木の無料点検はまだ完全に終了していないので、最後までしっかりやってもらおうと思います!

 

まとめ

  1. 点検実施時期は、ハガキ記載の時期から2ヶ月の遅延
  2. 連絡がないため、こちらから問い合わせた
  3. 現状確認だけ終了
  4. 後日の実施日連絡は、半月経ってもこない
  5. 施肥はやってくれそうにない
    →そちらの点検実施日遅延のせいなので、秋にやってくれと要望をする予定
  6. 結局、大金積んで契約していないところには適当な対応なのでは疑惑

また今後の動向があれば、お伝えしていきたいと思います!