我が家のグランドカバーと、その生育状況

そろそろ引っ越して1年経つのに、どこもここも、納得のいく状態ではなくてとてもアップする気にはならなかったのです。でもそんなことを言っていたらいつまでもアップできないままだな~と思いまして。

逆に、ブログに書くことで、そして宣言とかしちゃうことでペースアップできるかもしれないと、自分に期待をしています(笑)

ということで、こちらでのおうちに関する初エントリーは庭の植物について。

 

我が家のグランドカバーは、レイタータイム

我が家の庭には植栽3本がありますが、それとは別に下草(グラウンドカバー)を入れています。

植栽の樹木を決める日曜日、住友緑化のアイグリーン・ファーム(住友緑化契約の農園)へ行って、植栽用の樹木を決めてきました(゚∀゚) 住林ブログの方で自...

グランドカバーといえば芝が一般的だと思いますが、我が家は違うものを選びました。
夫は芝でいいじゃないかと言っていたのですがね、私が嫌だったんです。

芝は、以下のようなマイナス要素がありました。

  • 手入れが大変 ⇒芝刈りをしないといけない
  • 虫の住みかになる ⇒特に「蚊」
  • 芝に混じって雑草が生えてくる ⇒抜くの大変
  • 部分的にハゲたり変色してしまう

そこで色々調べた挙句私が選んだのは、レイタータイム

特徴は以下。

  • タイムの中でも、這う様に広がって育つ「ほふく性」の種類
  • 立ち上がりが低くグランドカバーに向いている
  • 踏圧に強い
  • ハーブの一種なので生命力が強く、特別な手入れが要らない

ヒメイワダレソウや、その改良種のリッピアを植えている方も多いようなのですが、友人宅でそのヒメイワダレソウにミツバチがぶんぶん来ていたのを目の当たりにして怯みました。いくら好戦的ではないとわかっていても、あれだけ来ていては。そして羽音もすごかったのですよ(・・;)

ということで、レイタータイムなのです。

 

現在の様子

引越しした直後の植栽だったので7月末に植えてもらったのですが、植えた直後はモチロン元気でしたよ。でも、秋~冬を向かえどんどん葉がカサカサになっていき、しまいには葉が全くなくなってしまった株もありました。

しかし、3月頃から次第に元気を取り戻し、今ではみんな生き生きしています。
植えた直後の写真がないのでアレですが・・・、写真を。

f:id:kocchi130:20160520205806j:plain

▲4月初旬の様子。

f:id:kocchi130:20160520205831j:plain

▲昨日の様子。

まるでころせんせーの触手のようにぐんぐん伸びていて、隣の株と握手しそうw
たった一ヶ月でこの成長ぶりです。今年中に株同士がくっつくのは無理だと思っていましたが、これならいけそう!

f:id:kocchi130:20160520205853j:plain

▲コンクリの隙間の子達も、順調に育ってます。

4月に入った頃から、夫が週末の朝や夕方に水やりしているのも大きな要因かも。めちゃめちゃ元気です!

非常に強い種なので、延びてきた部分をプチッと千切り、数日間水につけておくと根が生えてきます。なのでそれをまた土に植えて・・・と増殖することが可能。

もうすでに何箇所かにそうやって新たな子株をいれてますが、その子たちも徐々に育ってきています。すごい生命力だ~!!

4月の上旬ごろからは花も付けてました。

f:id:kocchi130:20160520205910j:plain

▲こんなまん丸な薄紫の花が咲きました!かわいい!

立ち上がり具合を横から見ると・・・

f:id:kocchi130:20160520205938j:plain

5cm以上10cm未満といったところかな。

駐車場のコンクリの隙間にも入れていて、コンクリ部分にも延びてきちゃうので、タイヤで踏んでしまうことになるのだけど(可哀想;;)、それでも枯れたりせず健気に伸びてます。

冬の頃は枯れちゃったのかと心配していたけれど、本当に強い種類だと実感しているところです。早く庭を緑で埋め尽くして欲しい^^

 

候補にしていたグランドカバー

レイタータイムに決めるに当たり、色んな種類を候補にしてました。せっかくなので前述したヒメイワダレソウも含め、それらをご紹介。

ヒメイワダレソウ

前述の理由により却下。

クラピア

ヒメイワダレソウと同様の理由で却下。

ワイヤープランツ

以前の職業のときに観葉植物として仕事場で育てていましたが、乾燥に弱かったので我が家の庭の環境には適さないうえ、踏圧には弱そうにおもえる繊細な茎と葉である為、却下。

リュウノヒゲ

どうしても和の雰囲気を醸しだしてしまう為却下。

リシマキア・ヌンムラリア・オーレア

色や葉の形はとても好みでしたが、湿った環境を好むという性質から、我が家の庭の環境には適さないと判断。また、1株あたりの単価が高い。

ディコンドラ

性質はよさそうだったのですが、茎や葉が繊細そう。タイムの方が丈夫そうだったので、比較の末却下。

 

さいごに

我が家としては、土壌の特徴を考えると乾燥に強いタイムにして良かったな~と思っています。
生育環境によって成長具合も変わってくると思うし、求める性質も違うと思うので、よく検討をして決定することをおすすめします^^