Feeling good HOME

住友林業BFでマイホームを建てました。家づくりの記録と、暮らしだしてからの記録。

インテリアさんと初顔合わせ&土地のルール

先週末の打合せでは、インテリアコーディネーターのYさんと初顔合わせをしました。

住林ブロガーの皆さんのブログを見ている限りでは、インテリアさんの登場は割と遅いようで・・・、ということは、我が家もとうとう後半戦に突入ってこと!?

 

わ~~~~!まだ全然実感がない\(^ ^)/

 

と思いきや、なんかYさん忙しいらしく土日は予定がパンパンで、初打ち合わせが1か月後なんですけど・・・(・_・;)

その場ではそうですかって感じで、1か月後の予約をしてきたんだけど、夫と話してて「なんかそれおかしくね?」ってなりました。

 

我が家の全打ち合わせ完了予定時期は2月初旬。着

工合意は・・・3月入る頃だったかな?

カーテンも照明も、部分的に施主支給を考えてるし、一回目の打ち合わせが1月下旬ではアカンやん!て。

 

ということで、インテリアはどうせ私が主導だし、平日に打ち合わせいれようとなりました。

いまは設計Tさんを通じてそのことをYさんに伝えてもらっているところ。

うーーーん。。。

我が家がお世話になってる支店、もしかしてインテリアさん少ないのかな~?

 

そんな感じの我が家の現状でした。

ではでは、前回に引き続き、今回も分譲地に関する条件などまとめていきたいと思います!

 

**********************************************

【名勝地の風景形成基準】

建物に関する制限

①最高高さ13m以下
②色彩(外壁・雨樋・ドア・窓枠・化粧柱・手摺等壁面で見える箇所)は
 以下の条件を満たすようにする
 ・無彩色⇒明度不問
 ・有彩色⇒色相:5R以上5Y以下
        明度:5以上
        彩度:4未満
 ・アクセントカラーとして上記以外を使用する場合は、外壁面積の5%まで
③色彩(屋根・破風)
 ・無彩色⇒明度不問
 ・有彩色⇒彩度:4未満

 

どうです?この色へのこだわり(笑)

 

自然が美しい地域なので、奇抜な色を避け、さらには町全体のトーンを一定の範囲内に収めることで、街が自然から浮くことなく保てるようにしているんでしょうね~。

 

しかし外壁のこの制限のおかげで、選べる色は格段に少なくなりましたけどね。

おかげで早いうちから二択にできたので楽と言えば楽でした。

 

外壁の色を決めるのに、何年振りかにマンセル色相環をみました。

 

f:id:kocchi130:20180619202309j:plain

これは色立体。なつかしーーーーい!

 

 

では次に、長期優良住宅の認定を受けるときに満たさなくてはいけない市の基準について。

 

【緑化基準】

①接道長さの40%以上を緑化すること

 (道路境界から5m以内の目視できる場所が有効長さとなる)
②接道緑化に応じて、敷地の必要緑化面積が変わる
 ・接道長さの40%以上を緑化した場合:敷地面積の10%を緑化
 ・接道長さの50%以上を緑化した場合:敷地面積の5%を緑化
③緑化面積10㎡以内ごとに1本以上の中木または高木を植栽すること

 

こちらでは、緑化に関する細かい取り決めが・・・・(・_・;)

もちろん、庭には何かしらの植栽をするつもりなので問題ないのですが、緑化面積(緑化率)まで決められているのです。すごい。

 

このような感じで、なんと3つものルールに従って計画しないといけなかったのです。

すでにこの名勝地に対する「現状変更許可申請」は書類提出してもらっていますので、2月半ばごろには結果が届くのではないかな~?

大丈夫なのかとドキドキです。

 

ひとまず土地に関する自分的まとめもできたので、次回からはいよいよ決定した仕様などの紹介をしていこうかなーなどと思っています。