Feeling good HOME

住友林業BFでマイホームを建てました。家づくりの記録と、暮らしだしてからの記録。

間取りに対する希望と結果


今回は、間取りに込めた思い(狙い?)辺りを書いてみようかと。
間取りそのものは公開したものの、内容について細かく書いていなかったので。

まずは改めて我が家の間取り。


1F
畳コーナーの小さい押入れだけ、
開口向きが玄関ホール側に変わった

2F
ファミリースペースにベッドと机があるのは間違い

さて、では。
間取り検討時に挙げた希望項目。

①家事動線を効率よくしたい
②対面キッチンが理想
③パントリーがほしい
④エントランスクロークがほしい
⑤洗面と脱衣&洗濯機スペースは分けたい
⑥大容量のクローゼットがほしい
⑦子供用の部屋は初めから細かく区切らない
⑧和室or畳スペースが欲しい

この辺りを中心に間取りの検討を進めてみた。
といっても、以前も書いた通り我が家は3件目の間取りなので(笑)、結構さらっと出来上がった。
そしてそれがどうなったかというと。。。。

①家事動線は満足
 キッチン→パントリー→洗面脱衣室を横並びにできた。
 室内干しは、2Fのファミリースペースまたは洋室で。
 これは⑤が実現しないとわかった時点で納得。
 どちらにせよ共働きなので室内干しがマストだし、
 リビング周辺には干したくないのでよしとした。

②対面キッチン実現
 IHにしたので、ガスほどの舞い上がりがないだろうと判断し、
 コンロ前の壁は無しにしたので開放感があるはず!でもやっぱ油はねは心配。

③パントリー実現
 始めはパントリー→洗面脱衣室間の扉はなくコの字型のパントリーだったけど、
 収納量よりも家事動線を優先して通路に。
 しかし床から天井までの収納場所が2面分も出来たので満足。

④エントランスクローク実現
 小さいながらも階段下を利用してスペースを確保!
 弊害としては、トイレが縦入りになってしまったこと。
 ECを諦めれば横入りのトイレにできたけど、ECを優先。
 ここに2人の趣味の道具(スノーボード)達を収納予定。入りきるか不安。

⑤洗面と脱衣&洗濯機スペース分離ならず
 どうしても1Fには必要なスペースが多くなり、実現できなかった。
 それどころか洗面・脱衣・洗濯機をひっくるめて2畳という
 一般的ではあるものの、悔いのある狭さに落ち着いた。

⑥4畳のクローゼット実現
 一般的にはどうかわからないけど、
 我が家にとっては超絶的に広いウォークインクローゼット確保。
 ケンケンはウォークインにするとデッドスペースが増えるからイヤらしいけど、
 壁面クローゼットにした場合の良い間取りができず、WICに落ち着いた。
 でも、もう少し時間を割いて壁面クローゼット案を考えてみても良かったかも。

⑦2Fの個室は2部屋に抑えた
 まだ子供がいないというのもあるけれど、2Fの個室は夫婦の寝室と
 恐らく子供部屋になるであろう洋室の2部屋に抑えた。
 それにより、1Fのリビングとほぼ同じ広さのフリースペースが取れた!
 将来、ケンケン両親(またはどちらかだけ)と同居することになっても、
 ファミリースペースに壁を増設して個室にもできます。

⑧4.5畳の畳スペース実現
 小上がりにしているお家も多いけど、我が家は敢えてフラットに。
 微妙な段差があると、足腰弱った時の上り下りが苦痛になりそうだな~と。
 本当は仕切れるように扉もほしかったけど、なぜかなしになった。
 (今思い出すと、扉がほしいと進言した記憶がないw)
 その代り、空間を区切る手段として天井にロールスクリーンを検討しているので、
 天井は補強してもらった。


こんな感じ!

こうやって書き出してみると、間取りに関しては私の要望はほぼ叶っている。しかも、寝室にはロフトも作れたので、ケンケンの秘密基地も確保できた。(天井低いけどw)

少し心残りなのは、2Fに洗面所がつくれなかったことと、玄関ホールが無駄に広くなってしまったことかな。
2Fの洗面所は、予算を考えるとケンケンに言い出すこともできなかった。
玄関ホールは・・・・まぁいっかw
広々して気持ちよくなりそうなのでよしとする!


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ